2019年10月14日月曜日

バリ島での休息





 一週間ほど、バリ島にいってきました。

 帰国の日は、ちょうど台風十九号が日本に到来しつつあり、台風とおいかけっこをしながらのフライト。乱気流に機内はすごくゆれて、飛行機酔いをする客が続出したのだった。

 翌日、数十年に一度の勢力の大台風は、各地におおきな被害をもたらした。災害に遭われた方々に、心からのお見舞いを申し述べたい。



 さて、バリではすこし仕事もしたけれど、滞在した「メリアホテル」の敷地からほとんど一歩もでずに、プライベートビーチで泳いだり、たまっていたプルーストを読んだり、バーでカクテルを呑んだり。

 ホテルは、まさに現代のルンビニ園のごときリゾートホテル。椰子と棕櫚の木が茂り、紅白のブーゲンビリアやみたことのない百合が咲き、朝夕に蓮が開花する。
 払暁とともに、メグロヒヨドリが木のフルートのような美しいさえずりを聴かせてくれて、カワセミよりひとまわりおおきいジャワショウビンが電光石火の速度で飛び交う。バリ島の野鳥たちは、あの全身に虹をまとった小鳥、セイコウチョウがそうであるように、歌も姿も鮮やかで自己主張がとてもつよいのだった。

 ビーチはえんえんと遠浅の海で波もおだやか。紺碧から薔薇に刻々とうつりかわる海を眺めながら、海辺のテラス席で夕食をしたためる。ながらく、欧州の植民地であり交易も盛んだったバリ島は、地ワインも本格的で美味しい。
ホテルの隣には、「ミュージアム・パシフィカ・バリ」(バリ太平洋博物館)もあって、ちょうど、バリ島美術の特集展を開催していた。地元のアーティストのほかに、オリエンタリズムをもとめてバリに滞在したドラクロワ、ルソー、ゴーギャン、マティスの作品もある。ゴーギャンのちいさな彫像「大地から生まれる女神」もよかったが、20世紀初頭のドイツ人画家ヴィレム・ホフナーのえがいた「聖泉で沐浴する女たち」が、とてもよかった。豊満な胸もあらわに、色とりどりの布地と花々を水鏡にした聖なる泉で沐浴する少女たちの姿が、止めようもなく失われたありし日のバリをとりもどす。

とある日の、明け方の一時間。ガジュマルの巨樹がめのまえに聳えるバルコニーで、ぼくは一篇だけ、ツバメ印のノートに短い詩を書いた。若い詩人たちからの依頼で、未だ名前も知らないポエトリマガジンの創刊号のため、一息に書き下ろした詩だった。

銀軸のボールペンを擱くと、彼方からの潮騒と、うるさいくらいのオオジロムクドリの歌声が、世界の夜明けをしらせてくれる。

いずれ、バリと詩についてエッセイを書く日も、くるだろう。

2019年10月6日日曜日

左右社WEB連載「詩への旅」第五回掲載とイベント情報



 今月の詩的紀行エッセイ「詩への旅」が、掲載されました。

昨年10月に他界され、ちょうど一周忌にあたる、日本を代表する詩人、入澤康夫氏と出雲をめぐる紀行文です。

おこがましいかもしれないけれど、ぼくにとって、入澤氏に寄せる「わが鎮魂」なのかもしれない。詩人のご冥福を心からお祈りして。

下記URLより、ぜひ、ご一読ください。


 それと、イベント情報とありますが。

 今年五月末に刊行された、ぼくの新詩集『Asian Dream』(思潮社)の刊行記念イベントが、急遽、11月末に開催決定いたしました。

しかも、詩集の後書でふれた、現存する日本最古にして横浜野毛のジャズ喫茶店「ちぐさ」さんにて。
 
本日午後からバリ島へ発つため、詳細は後日、本ブログでお知らせしてゆきます。

詩の朗読とジャズのセッション、トークなど、魅力あふれるゲストをお招きして開催する予定です。ご期待ください!

*次回更新は10/15をめざします。See you later alligator!

2019年10月4日金曜日

LUNCH POEMS@DOKKYO 10/17 リブート!



 一年間のインターバルをはさんで、今月、いよいよ、「ランチポエムズ@DOKKYO」が再始動します。

 このプロジェクトは、毎月第三木曜日のランチタイムに内外のフロンランナーの詩人たちを獨協大学キャンパスにおまねきし、朗読をメインに自作解説をしてもらうというもの。

朗読と講演は録画させていただき、現代を代表する詩人たちの映像アーカイブをつくるのが目的。映像はユーチューブでも公開し、40本以上の詩人の講演録をアーカイブ化。内外の詩の愛好者や研究者がフリーでアクセスできるようにします。
これまでの朗読動画は、下記リンク、「LUNCH POEMS@DOKKYO」公式ホームページにて、ご覧ください。

 今月の詩人は、『√3』につづく新詩集『不在都市』(思潮社)と「立体詩」の実践で注目されている若手女性詩人、永方佑樹さん。どうぞ、おたのしみに!

 開催日時 10/17 12:30会場 1330終了予定
 開催場所 獨協大学 天野天佑記念館4F ICZ

  予約不要、入場料も無料。獨協大学生や大学関係者はもとより、それ以外の方でも参加いただけます。ぜひ、お越しください。

2019年9月27日金曜日

韓国、済州島へ





   思いたって、飛行機にとびのった。

 韓国の済州島へ、短い旅をしてきました。左右社WEB連載の紀行エッセイ「詩への旅」の取材旅行もかねて。

 ここ数日、きゅうに連絡がつかなくなってしまったと思います。関係者諸氏には、ご迷惑をおかけしました。

 オルム(側火山)の島の荒々しくも雄大な自然と海にめぐまれ、韓国の新婚旅行のメッカであり、韓流ドラマのロケ地としても有名な済州島。初めて旅したけれど、すばらしい島と人の時間でした。

 済州島のみなさんにも、とても、とても、よくしていただいた。おとなりどうしの国なのだから、ぼくたち、韓国人と日本人は、末永く仲良くしてゆきたい。

 今回の旅については、11月掲載の「詩への旅」に書く予定です。

 どうぞ、おたのしみに。

2019年9月21日土曜日

九月の詩書 野村喜和夫訳著『ルネ・シャール詩集−評伝を添えて』



 ちょっとまえに、自分にとって宝物になりそうな翻訳詩集をご恵送いただいた。

 詩人の野村喜和夫さんが新訳された『ルネ・シャール詩集−評伝を添えて』(河出書房新社)だ。ぼくは、長年、神保町の田村書店でもとめた、一九五八年刊行の窪田般彌訳『ルネ・シャール詩集』(海外の詩人双書 晶文社)を愛読してきた。吉田素子訳『ルネ・シャール全詩集』も、日頃からページをひらいている。

 野村訳は、これまで、意味がつうじなかったり違和感をおぼえる、もしくはポエジーとしてはかえって説明的にすぎるなど、詩的に言葉が骨折していた箇所が見事に整骨されてい、読みやすい。この整形手術により、詩の筋も正常にはたらき、詩語の肉と肌もほんらいの色艶をとりもどすようなのだ。


191
もっともまっすぐな時間、それは果物の仁が、その強情な持続から迸り出て、おまえの孤独を転移させるときだ。
(『眠りの神の手帖』より)


 新訳シャールの言葉は、野村さんがふだん書かれる詩の言葉とも微妙にちがっていたり、同一に接近したりして、興味ぶかい。
 新研究を織り交ぜての「評伝」により、シャールの生涯の全貌と作品の位置づけも、より鮮明になっている。フランス戦後詩、ポスト戦後詩の巨星にして、神秘的な「断章」の詩人がこれから若い読者にもどう読み継がれていゆくのか、たのしみだ。

とまれ、ぼくは窪田訳にもふかい愛着がある。研究者の訳は、詩人の訳とはちがうのだろう。でも、あのちょっとごつごつした詩語の読感が、なんともいえない魅力を付与している。

翻訳のポエジーは、だからむずかしいし、おもしろい。

2019年9月16日月曜日

白秋の茶碗酒



 残暑の渋谷で、左右社WEB連載「詩への旅」でお世話になっている担当編集者の東辻氏と呑む。
 道玄坂にある「駒形どぜう 渋谷店」で、納涼に、どぜう鍋でもつつこうという。若い読者の方のために一言添えれば、どぜう、は泥鰌のことです。

 その日の気温は、台風一過のかんかん照り。都内では気温摂氏三七度だった。当日、ぼくは、銀座で食ミニコミ誌に寄せるエッセイの打ち合わせがあり、つぎは神保町へ。都内の各所に立ち寄るたび、あまりの暑さのため「銀座ライオン本店」でマルエフ、「ランチョン」でマルエフ黒ビールと、老舗ビアバーめぐりのような一日になってしまった。

 そうして、渋谷。すこし、はやめに到着したので、「黒田陶苑」に寄ってみる。近現代陶芸の酒器展をやっていたので。おめあては、辻清明の絵唐津盃。たちぐい呑みは、ゆるぎない線ながら、懐深いおおらかさを感じさせる姿。雪色した自然釉のかかる枇杷色の肌に、抽象的な文がてんてんと。小山冨士夫の薫陶をうけ、『ぐいのみ』という著作もあり、酒器コレクターでもあった辻清明の作は、酒党にとっては魅力がある。金銭の算段もついたので、購入を希望するも、展示販売前に売却済み、だそう。どういうこと?

 写真は、かわりに求めた内田鋼一作の朽木手湯呑。冷房のきいた店内で、東辻さんに「詩への旅」の自筆原稿コピーを手わたし熱いどぜう鍋をつつきつつ、身請けしたばかりのこいつにとぷとぷと酒を注いで茶碗酒。お銚子が四、五本あくと、ぼくの飲み方をみていた駒形の女将さんが、「あらまあ、どぜうで呑むのにぴったりですけど・・・失恋でもしたの?」。

2019年9月6日金曜日

左右社Web連載「詩への旅」第四回が掲載




田村隆一につづき、今回は、戦後詩を代表する詩誌「荒地」の詩人北村太郎です。詩人が晩年を暮らした横浜が舞台。

 下記アドレスより、ぜひ、ご一読ください。

http://sayusha.com/category/webcontents/c21

 写真は、ありし日の横浜と、エッセイにでてきた野毛の老舗バー「R」のグラタン。エッセイ本編では、大人の事情あって、掲載できなかったので。

 あわせて、おたのしみください。